2018
[更新]
[告知]
[flyer]
ストロベリーソングオーケストラでは、下記の項目を募集しております。
[楽器]
  • マニュピレーター
  • 鍵盤
  • 女性コーラス
※参加条件…平日・土日祝日と関係無く
 ツアーにも参加出来る方。経験者のみ。
[現地スタッフ]
  • ローディー(機材搬入、楽器のセッティング)
  • 物販スタッフ
  • 衣装、小道具製作
  • フライヤー配布、設置などの販促
※東京、大阪をはじめとする各地域で
 ご協力いただける方。
〔問〕info@kagamimachi.com
  • ※お問合せの際は、[希望項目、お名前、年齢、性別、お住まいの地域]など
     ご自身のプロフィールをかならず記入のうえお願いします。
  • ※ドメイン指定をされている方は、kagamimachi.comを
     ドメイン解除してください。
ストロベリーソングオーケストラ公式LINEを開始しました。
最新情報の告知のほか、限定企画なども予定しておりますので
是非ご登録ください。
http://line.me/R/ti/p/%40qxm1155t
友だち追加
【大切なお知らせ】
現在休團中の「役者/時計詩母」ですが、
家庭の事情により復帰が延期となりました。
応援して下さっている皆様には大変残念なお知らせとなりましたが、
團員一同彼の帰りを待ちたいと思います。
今後ともストロベリーソングオーケストラをよろしくお願い致します。
伐子から共犯者の皆様へ
いつもストロベリーソングオーケストラを応援して頂き、ありがとうございます。
私、伐子は本日をもってストロベリーソングオーケストラを退團する事になりました。
突然の発表となってしまい応援して下さっている皆さんには本当に心苦しいばかりです。
驚かせてしまってごめんなさい。
遡ること入團前。
当時、陰鬱とした毎日から抜け出す為に手当たり次第に色んなものを観たり聴いたりしていた時、行き当たったのがストロベリーソングオーケストラでした。
演劇とバンドの融合に終始心臓がバクバク。
そんなものを観たのは初めてでした。
その作品名は【押絵と旅する男】。
それまで完全なリスナーだった私が、観ている途中でもう「この中に入りたい!」と思い、そして勢いだけでコンタクトを取り、スタッフ業を経て正式に加入。
気が付けば11年が経っていました。
そして退團です。
昔はストロベリーを辞めたらもう二度と舞台に立つ事はしないと思っていたはずなのに、今、当たり前の様にステップアップを考えている自分に我が事ながらびっくりしています。
今後は場所を変えて自分の足でしっかり舞台に立てるようになるべく、〝修行の旅″に出よう!と。
“伐子”と名乗る事はもうありませんがまたどこかで皆さんの前に立つ日が来ると思います。
いや、来る。
その時まで暫しのお別れです。
最後になりましたが、これまで関わって頂いた全ての関係者様、共演者様、スタッフ様、本当にありがとうございました。
新旧ひっくるめたストロベリーソングオーケストラのメンバーもありがとう。
「伐ちゃんは一回外に出て揉まれてきたらええ!何でも相談に乗るからな」と送り出してくれる座長、宮悪戦車氏。
毎朝拝みます。
ありがたやありがたや。
そして何よりいつも変わること無く応援して下さった共犯者の皆さん、感謝してもしきれません。
本当にありがとうございました。
すっかり長くなってしまいましたが、これを退團のご挨拶とさせて頂きます。
本当に本当にありがとうございました!
それではまた。
ストロベリーソングオーケストラ
秘書/伐子(桐村麻香)
前作「東京グロテスク」より2年振りとなる怨源、遂に怪禁。
一つの時代が終わり告げようとしている今、
ここに新たな時代の幕開けを宣言する。
傀儡の糸を切断し、集え旗の下に。
狂闘!!
タイトル /『二十一世紀狂闘旗手』
●品番 / DOKUCD-018
●価格 / ¥1,000(+税)
発売日 / 2018年9月26日(水)
●収録曲
1.二十一世紀狂闘旗手
2.贋作のメルヒェン
娶朗から共犯者の皆様へ
共犯者の皆様、
日頃のストロベリーソングオーケストラへの多大なる応援本当にありがとうございます。
皆様からの力がこれまでストロベリーの活動を支えて下さいました。
本当に感謝しています。
僕個人としては、この度、鏡町を離れることを決意致しました。
僕にとって鏡町という場所は、劇団でも無く、バンドでも無く、
夢の中の様な世界であり、その夢は、これからも見続けます
約3年という短い間共に過ごしたメンバーたち、
多大なるサポートをして下さった共犯者の皆様に感謝の気持ちを
伝えさせていただきたいと思い、こうして書かせていただいています。
ストロベリーの一員としての時間は僕にとって誇りであり、
なにものにも代え難い素晴らしいものでした。
裏方として支えてくださったスタッフの皆さん、
そして素晴らしきメンバーたち、それから、いつまで僕の憧れの人である座長、
みんな最高の仲間でした。
共に同じ時間を過ごせた事は本当に幸せでした。
そして共犯者の皆様、これまでの応援に心からの感謝を伝えさせていただきます。
3年様々な事がありました。
納得のいく舞台のときもそうでないときも僕たちの背中を押してくださいました。
共犯者様と共に歩んだ時間は僕にとって大切な宝物です。
心から、感謝してます、有難う御座いました!
最後になりますが、これからは僕もストロベリーソングオーケストラの共犯者です。
一緒に鏡町で生まれる虚構と現実の狭間を見ていきましょう!


喪家ノ娶朗